東京皮膚科・形成外科TOP > Dr. hideyoshi blog TOP > フィエスライン

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 吉澤秀和

Dr. hideyoshi blog

カテゴリー: フィエスライン

ボツリヌストキシンA毒素製剤

2021.12.23 - シワ, ヒアルロン酸注射, フィエスライン, ボツリヌストキシンA毒素製剤, ボトックス    ボツリヌストキシンA毒素製剤 はコメントを受け付けていません
ボツリヌストキシンA毒素製剤 今年もあと8日ですね。今年もCOVID19に翻弄された1年でした。   今回は、よく使用しているボツリヌストキシンA毒素製剤について。。。 ボトックス、ボトックスと言っていますが、実はボトックスと名乗れるのはアラガン社製のボツリヌストキシンA毒素製剤だけなんです。(ご存知な方も多いかと思いますが。) つまり、ボトックスは商品名なんですが、一般名称的にどこどこ製のボトックスですと自分も話してしまうことがあります。(患者様がわかりやすい説明が一番なので、、、)   NEW FACE AESTHETIC CLINICおよび東京皮膚科形 …

FACETITEを考察してみる。

FACETITEを考察してみる。 今回は、久しぶりにFACETITE(フェイスタイト)、『機器名はエンブレイスRFです』について考えてみようと思います。 学会での発表や分担執筆した美容皮膚医学雑誌BEAUTYの論文もこのfaceTITEです。     顔のたるみが気になった場合にどのような施術があるでしょうか?   大きく分けて非外科的(HIFU、RF治療レーザー(サーマクール)、ボトックス、ヒアルロン酸、スレッドリフト)、外科的にはフェスリフト・ネックリフト、脂肪吸引(併用する場合)など色々あります。 フェイスタイトは非外科的(もしくは非侵襲的 …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑩-facial antiaging!-

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑩-facial antiaging!- 2020年Olympic yearでしたが、まさかこのような夏になるとは思いもしませんでした。マスクがマストな生活様式になっていますが、くれぐれも熱中症などに気を付けて下さい。     さて、昨年数多く投稿した『目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?』シリーズも久しぶりですが、第10回目を迎えました。   美スト初の目の下のクマ手術を取り上げて頂きました。 創刊11周年の美スト10月号にも担当させて頂いた記事が掲載されていますので、それも含めて参考になればと思います。   長期結果も含めて、経過を提示 …

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ戻る