東京皮膚科・形成外科TOP > Dr. hideyoshi blog

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 吉澤秀和

Dr. hideyoshi blog

2006年順天堂大学卒業、同年より附属病院で初期研修後に、同大学の救急災害医学講座で3次救急医療を経験した後に
2009年より形成外科に入局する。
2014年に形成外科専門医を取得、2016年から東京皮膚科・形成外科に非常勤として加わる。
 
関連病院の部長職や附属病院の医局長を経て2019年より池田総院長のエイジングケアや
美に対する姿勢や手術に感銘を受け常勤として加わる。

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑤ -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑤ -facial antiaging! – 最近は、目の下のクマの投稿が多くしているので、ブログを読んで多くの患者さまが、カウンセリングを受け、手術をしていらっしゃいます。 特にカウンセリングの時におっしゃっている事は、『写真を撮影した時に目の下のクマに影が写ってしまう』、『疲れていないのに疲れてる?とよく言われる』といった訴えをよく耳にします。 特にアプリを使用すると簡単に加工出来てしまう世の中なのですが、やはり!!現実世界の(本当の)自分もきれいでいたいですよね!!   今回の症例は40歳代女性です。分類で言うところの中等度の症例になります。 tear trough〜palpebro …

額のアンチエイジング-facial antiaging①-

 
額のアンチエイジング-facial antiaging①- ここ最近は、目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか? -facial antiaging! -と題して、主に下眼瞼の事を中心に連載していましたが、今回は、おでこ(前額部ぜんがくぶ)のアンチエイジングについて触れたいと思います。   年齢と共に顔面骨も骨量が減り、萎縮することが多くの論文でも報告されています。 Shaw, R. B., Jr., et al. (2011). “Aging of the facial skeleton: aesthetic implications and rejuvenation strategies.より引用 3D構築した …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?④ -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?④ -facial antiaging! – 令和になりましたね。新年号を迎え、私も昭和から数えて3つめの年号になりました(汗)。 では、目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?① -facial antiaging! -で症例提示致しました患者さまが術後1ヶ月の再診をされました。術後の腫れや内出血斑も落ち着きとても若々しい印象になりました!! この方はPRPはしていませんので、今後細かいちりめん皺などに対してPRPを注入してskin rejuvenationを考えてもよいかもしれません。 術前術後1ヵ月 また、ここで術式のおさらいをしてみましょう。   眼の下のクマの治療としては、 …

フェイスタイトの講演@第107回美容外科学会

 
フェイスタイトの講演@第107回美容外科学会 本日は朝活として、昨日から開催されている日本美容外科学会(JSAS)に行ってまいりました。 ・ 1日通して最新治療などを学んで来たかったのですが、、、朝一のスポンサードセミナーにて”本邦初の臨床経験”として約40分程度の講演を行ってきました。 シンポジウムが2つ並列で行われていた(もし講演でなければ、シンポジウムをききたかった(切実))のですが、人数は30名ほど足を運んでいただけました。 聞いて頂いた先生たちにとっても未知の最新機器なので、少しでも魅力がわかっていただけていればと思います。 31歳、男性でほうれい線とフェイスラインにフェイスタイト …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?③ -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?③ -facial antiaging! – 目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか? -facial antiaging! -①~②に引きPart③として、術後の経過を見ていきましょう。 ・ 2週間前に、(皮膚側を)切らない(経結膜切開での眼窩脂肪の)脱脂、涙袋形成を行い、tear trough(内側の眼輪筋付着部の凹み)へはPRPの注入を行いました。 術前術直後術後2w 術後の腫れも殆どなく、PRPの充填で下まぶたの凹みも改善され、とても自然に若返っています。 何より時系列で経過を見てみると、術後の表情がとてもNatural beautyですね!!そして、同時にヒアルロン酸の注入をせずとも、手術で自然 …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?② -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?② -facial antiaging! – 目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?①で原因や治療法について書いてみましたが、実は、若い時から眼の下のふくらみがある人がいらっしゃいます。 ・ ・ 芸能人の方たちだとわかりやすいと思います。ただ美男・美女だと十分にカバーされてしまっていますので余り指摘されないですねwww ファンの方たちに怒られそうですが、医学的に考察してみます。 ・ 伊勢谷友介さんなら、あまり眼窩脂肪の突出は目立たない軽度の部類に当てはまりますので、tear trough(下眼瞼の内側からの凹み)に注入するだけでだいぶ印象が変わるのではないでしょうか? ・ …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?① -facial antiaging!-

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?① -facial antiaging!- 目の下のクマが気になる方は見ていると若い人から年配の方まで様々です。 クマがある方は「疲れてる?」、「老けた」と言われた事があるのではないでしょうか? 例えば、俳優の遠藤憲一さんは、この目の下のふくらみが特徴の1つでもありいい味のある俳優さんとも言えますが、 一見すると、何処となく疲れている印象や実年齢より上に見られる可能性があるのではないでしょうか? なぜ、このような現象が起こるのか?? ・ 眼窩隔膜および眼輪筋が徐々に菲薄化を起こし、眼窩脂肪が前方へ突出するためにこのような下まぶたのたるみがハンモック状に出現します。 眼窩を構成する骨と皮 …

日本初導入の小顔マシン『fece tite』の登場です!!

 
日本初導入の小顔マシン『fece tite』の登場です!! 顔の引き締めと言えば、昔からのフェイスリフト(ネックリフト)手術や、スレッドによるフェイスリフト(ネックリフト)、脂肪吸引、、、などなど ・ 切らないスキンタイトニング・リフトアップと言えば、RF(高周波)や超音波(HIFU;高密度焦点式超音波)による真皮を中心とした加熱による引き締めによるスキンタイトニングや、SMAS (superficial musculo-aponeurotic system)や脂肪層を引き締めるリフトアップが有名ですね。 ・ この機器は手術とレーザーの間の子で、なおかつ、スキンタイトニングとSMASの引き締め、浅脂肪層の加熱による脂肪除去が可 …

facial antiaging-フェイシャルアンチエイジング!!-

 
facial antiaging-フェイシャルアンチエイジング!!- スレッド(糸)によるスレッドリフトは多くのクリニックで人気の治療法の1つですね。 ただ、法令線やマリオネットラインを引き上げたいと誰しもが考えますが、無理に引き上げれば、皮膚は引き伸ばされ皮膚は老化してしまいます。 スレッドによるフェイスリフトではなく、、、 ・ ・ ・ 今回の症例は、スレッドによるスキンタイトニングという新しい概念になります。(大事なpoint!!) オリジナルのGコグ オリジナルスレッドのGコグを左右2本ずつ挿入 当クリニックの30代スタッフの症例を提示します。 ・ 元々顔立ちは小さいですが、少しずつmal …

PCLスレッドで隆鼻術、鼻中隔延長術

 
PCLスレッドで隆鼻術、鼻中隔延長術 春の陽気は気分が良いですね!!(花粉は嫌いですが・・・) スレッド(糸)による治療は、フェイスラインや法令線、マリオネットラインの改善目的だけではありません。 ・ 当院で開発したPCL(ポリカプロラクトン)素材を用いたGメッシュ・Gコグを用いたスレッド治療は小顔治療でとても人気のある治療法の1つです。 PCLの糸を編み込んで中空構造に。 Gコグはzigzagにすることでバナナピール現象が起きずらい PCLは1~2年かけて吸収分解されていきますが、その際に自分の組織再生を誘導してくれるため、組織の充填材料としても優れています!!(ここ大事!) ・ …
  • 1
  • 2
  • ...
  • 2

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ戻る