東京皮膚科・形成外科TOP > Dr. hideyoshi blog

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 吉澤秀和

Dr. hideyoshi blog

2006年順天堂大学卒業、同年より附属病院で初期研修後に、同大学の救急災害医学講座で3次救急医療を経験した後に
2009年より形成外科に入局する。
2014年に形成外科専門医を取得、2016年から東京皮膚科・形成外科に非常勤として加わる。
 
関連病院の部長職や附属病院の医局長を経て2019年より池田総院長のエイジングケアや
美に対する姿勢や手術に感銘を受け常勤として加わる。

男性必見!!男性も若々しさが必要な時代になってきました。-facial antiaging!!②-

 
男性必見!!男性も若々しさが必要な時代になってきました。-facial antiaging!!②- いよいよ梅雨が明けそうですね。太陽が待ち遠しいです!!   前回の投稿の『男性必見!!男性も若々しさが必要な時代になってきました。-facial antiaging!!-』で施術を行ったモニターの患者さまの経過を報告します。 まず、術前の状態を検証してみます。   根本の原因は『眼瞼下垂』になります。   瞼が開けられなくなると、まず額の前頭筋という筋肉を収縮させて眉毛を挙上させることで、上眼瞼の皮膚を持ち上げて見ようとします。さらに症状が悪化するとアゴが上がってくるので、肩こりや筋緊張性頭痛などを併発してしまう …

男性必見!!男性も若々しさが必要な時代になってきました。-facial antiaging!!-

 
男性必見!!男性も若々しさが必要な時代になってきました。-facial antiaging!!- 梅雨の時期は日照時間が少ないですし、憂鬱な時期ですね。くせ毛の自分にとっては避けたい時期でもあります(笑)   毎日忙しい30~40代のビジネスマンの方々に是非見て頂きたい投稿です。   最近では仕事上でも見た目はとても重要な要素の1つではないでしょうか? スキンケアはだいぶ男性にも浸透してきている印象はありますが、美容治療まで受けられている男性はごく一部に留まっているのが現状ではないでしょうか?   『顔のシワは経験を重ねて刻まれた男の履歴書』でもありますが、内面の若さと同時に、いつまでも見た目の若さも保ちたいものです …

目元を華やかに!!-黒目整形で眼ヂカラup!!-

 
目元を華やかに!!-黒目整形で眼ヂカラup!!- blogの初投稿もMT法(埋没法)について、『瞼(まぶた)に優しく』で触れました。 当クリニックに通われている方は、『瞼(まぶた)は繊細なので優しく扱う様にして下さいね』と耳にタコができるほど聴き慣れたワードではないでしょうか?   雑誌『形成外科』vol.62より自分が執筆した論文から引用 その通りで、二重ができる構造として、眼瞼挙筋腱膜の皮枝が皮膚まで届いている人は眼瞼挙筋が収縮すると、上眼瞼の皮膚が牽引されることで引き込まれて二重となります。しかし、眼窩脂肪が多い人やROOFの厚い人はその皮枝が皮膚に届かないため一重になる傾向があります。 &nb …

切らない陥没乳頭手術-美容外科的アプローチから-

 
切らない陥没乳頭手術-美容外科的アプローチから- 皆さんの中で、陥没乳頭で悩まれてる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?   そもそも、『陥没乳頭』とは何か? 教科書的には、‘乳頭が乳輪より陥没している状態’とされ、形態上も外見上も本人にとっては精神的な苦痛をとなり、機能的に問題がある場合では、乳腺炎を起こしたり、乳輪下膿瘍を繰り返すことがあるものとされています。 (酒井成身編集;美容外科基本手術 Ⅶ.乳房より引用)   陥没乳頭にも重症度があり、 ①軽症:刺激により乳頭が出てくるもの ②重症:刺激をしても乳頭が出てこないもの   とされています。治 …

顔のアンチエイジング-facial antiaging-瓢箪(ひょうたん)型フェイスの修正について

 
顔のアンチエイジング-facial antiaging-瓢箪(ひょうたん)型フェイスの修正について 関東地方も梅雨入りし、雨の多い日が続きますね。週末は久しぶりに夏日で気持ちいい日差しでしたね!   今回も、東京皮膚科形成外科で人気の治療の『ベビーコラーゲンコラーゲンブースター』の症例です。詳しくは『額のアンチエイジング-facial antiaging①-』をご一読ください。施術方法も記載しています!!   症例は40歳代の女性です。最近2~3㎏の体重減量と共に頬がコケてしまい、老けて見えるのを気にされていました。また、額も年齢と共に顔面骨の萎縮に伴い、凹みが目立っていました。 フェイシャル・フィラー-注入の極意と部位別テクニック-岩城佳 …

傷跡の修正について②-scar revision編-

 
傷跡の修正について②-scar revision編- 6月5日に投稿した傷跡の修正について-scar revision編-の患者さまが、本日術後1週間目で抜糸で来院されました。 術後もつっぱりなどは少なく喜ばれていました。   術前抜糸時(術後1週間)   表皮縫合の糸があったので、創部周りの髭が伸びている状態です。 口唇まわりは常に会話や食事などで動かす場所ですので、創部の安静が保てないのが注意する点です。また、この症例は男性ですので髭が生える場所ですので、テーピングも難しくなります。 下に開口時と笑顔や噛む動作の時(「イー」と発声する時の口の形です)をしてもらいましたが、形態の左 …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑥ -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑥ -facial antiaging! – 6月になり2回目の投稿になります。   目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?④ -facial antiaging! -で症例提示した46歳の男性の方の1ヶ月の経過を提示します。   術前術直後(PRP注入直後) まず、症例の復習をしてみましょう。 tear troughからpalpebro-malar grooveとその下にはゴルゴライン(mid-cheek grooveまたはmediojugal fold)がかなり深い溝を形成しています。   重傷度分類は、中等度~重傷になります。 &nbsp …

傷跡の修正について-scar revision編-

 
傷跡の修正について-scar revision編- 令和になってもう1ヶ月が経ちましたね。 今回は、1年前の外傷後の傷跡が肥厚性瘢痕状に盛り上がってしまい、目立っていたのを気にされていて傷跡の修正希望で来院されました。   上口唇部の傷跡で、赤みが目立っている肥厚性瘢痕の状態です。 おそらく①怪我した際の傷が真皮深層まで達するような深い傷だったのか、②細菌感染などを起こして創傷治癒が遷延してしまった可能性が推察されます。   今回は、肥厚性瘢痕を切除後に局所皮弁を用いて閉創することで瘢痕による拘縮(つっぱり)の解除および縫合創の断片化を図ることで視覚的に目立たなくすることを行う方 …

目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑤ -facial antiaging! –

 
目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか?⑤ -facial antiaging! – 最近は、目の下のクマの投稿が多くしているので、ブログを読んで多くの患者さまが、カウンセリングを受け、手術をしていらっしゃいます。 特にカウンセリングの時におっしゃっている事は、『写真を撮影した時に目の下のクマに影が写ってしまう』、『疲れていないのに疲れてる?とよく言われる』といった訴えをよく耳にします。 特にアプリを使用すると簡単に加工出来てしまう世の中なのですが、やはり!!現実世界の(本当の)自分もきれいでいたいですよね!!   今回の症例は40歳代女性です。分類で言うところの中等度の症例になります。 tear trough〜palpebro …

額のアンチエイジング-facial antiaging①-

 
額のアンチエイジング-facial antiaging①- ここ最近は、目の下のふくらみ・たるみ諦めていませんか? -facial antiaging! -と題して、主に下眼瞼の事を中心に連載していましたが、今回は、おでこ(前額部ぜんがくぶ)のアンチエイジングについて触れたいと思います。   年齢と共に顔面骨も骨量が減り、萎縮することが多くの論文でも報告されています。 Shaw, R. B., Jr., et al. (2011). “Aging of the facial skeleton: aesthetic implications and rejuvenation strategies.より引用 3D構築した …

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ戻る