東京皮膚科・形成外科TOP > Dr. hideyoshi blog TOP > 肥厚性瘢痕

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 吉澤秀和

Dr. hideyoshi blog

カテゴリー: 肥厚性瘢痕

傷跡の修正について③-scar revision-

2020.2.22 - W形成術, 傷跡, 傷跡修正, 形成外科手術, 皮弁形成, 美容外科 施術, 肥厚性瘢痕    傷跡の修正について③-scar revision- はコメントを受け付けていません
傷跡の修正について③-scar revision- 連日コロナウイルス関連のニュースばかりですね。 皆様、十分に手洗い・うがいと共にスマートフォンもしっかり除菌してくださいね!(笑)   今回は傷跡修正についての投稿です。以前は口唇周りの傷跡をZ形成術で修正した内容でした。今回はより広範囲な傷跡についてになります。 症例は、15年以上前に交通事故で受傷された、前額部の縦10cm長とU字状の10cm以上の傷跡が痛々しいです。傷跡を綺麗にできないかとご相談に来院されました。   なぜに目立つのか? ①傷の長さ、②傷の幅、③可動部位、④傷の方向 などが関係してくるかと思います。特にメスを …

傷跡の修正について②-scar revision編-

2019.6.10 - 傷跡修正, 形成外科手術, 美容外科 施術, 肥厚性瘢痕    傷跡の修正について②-scar revision編- はコメントを受け付けていません
傷跡の修正について②-scar revision編- 6月5日に投稿した傷跡の修正について-scar revision編-の患者さまが、本日術後1週間目で抜糸で来院されました。 術後もつっぱりなどは少なく喜ばれていました。   術前抜糸時(術後1週間)   表皮縫合の糸があったので、創部周りの髭が伸びている状態です。 口唇まわりは常に会話や食事などで動かす場所ですので、創部の安静が保てないのが注意する点です。また、この症例は男性ですので髭が生える場所ですので、テーピングも難しくなります。 下に開口時と笑顔や噛む動作の時(「イー」と発声する時の口の形です)をしてもらいましたが、形態の左 …

傷跡の修正について-scar revision編-

2019.6.5 - 傷跡修正, 形成外科手術, 未分類, 美容外科 施術, 肥厚性瘢痕    傷跡の修正について-scar revision編- はコメントを受け付けていません
傷跡の修正について-scar revision編- 令和になってもう1ヶ月が経ちましたね。 今回は、1年前の外傷後の傷跡が肥厚性瘢痕状に盛り上がってしまい、目立っていたのを気にされていて傷跡の修正希望で来院されました。   上口唇部の傷跡で、赤みが目立っている肥厚性瘢痕の状態です。 おそらく①怪我した際の傷が真皮深層まで達するような深い傷だったのか、②細菌感染などを起こして創傷治癒が遷延してしまった可能性が推察されます。   今回は、肥厚性瘢痕を切除後に局所皮弁を用いて閉創することで瘢痕による拘縮(つっぱり)の解除および縫合創の断片化を図ることで視覚的に目立たなくすることを行う方 …

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ戻る