東京皮膚科・形成外科TOP > Dr. hideyoshi blog TOP > 日本アンチエイジング外科学会

東京皮膚科・形成外科 形成外科専門医 吉澤秀和

Dr. hideyoshi blog

カテゴリー: 日本アンチエイジング外科学会

瞼の手術は奥が深い⑥

瞼の手術は奥が深い⑥ 緊急事態宣言が発令され約2カ月、ようやく解除されました。 コロナの第1波はブラジルからの統計を用いた収束予測報告に近い形で経過していますが、気のゆるみは第2波、3波を招く恐れがあるので、要注意しながら『with コロナ』社会になります。   さて今回も、引き続き『瞼の手術は奥が深い』の続編になります。 今まで症例提示にご協力頂いている方達の経過を報告したいと思います。   Case1:20代女性で3か月経過(最終報告)。 Case2:30代男性で2カ月経過(中間報告)。 Case3:40代男性で1.5カ月経過(中間報 …

瞼の手術は奥が深い④

瞼の手術は奥が深い④ 皆さんコロナ疲れありそうですね。気を緩めずに3密を避けて、しっかりと防護を(伊達眼鏡でもいいので目からの侵入も注意して下さい!!) 大学病院での手術も軒並み緊急性のもののみとなり、非常勤で勤務している外来再診についても、直接お電話してコロナが落ち着くまで再診を延期のお願いのお話しをしました。患者さまにもご理解を頂き、自分の体調までご配慮頂きました。(涙)   直近の論文だとコロナは既に17種類まで進化しているようです(汗)。   今回は、眼瞼下垂手術の中でも挙筋機能が保たれているけど、余剰皮膚(たるみ)が増えてきて瞼が重い⇒頭痛、肩こりが起こ …

瞼の手術は奥が深い②

瞼の手術は奥が深い② 3月も今日で終了ですね。 志村けんさんについては本当に衝撃を受けました。 自分含めて他人事ではないと改めて認識しなくてはなりませんね!!   前回の『瞼の手術は奥が深い①』に続いて第2弾です。 今回は30代男性の症例です。   主症状は前葉型の眼瞼下垂で、日本人を含めたアジア人に多いタイプの一重瞼です。言い換えれば、日本人の多くは眼瞼下垂の方が多いとも言えます。(当たり前の眼なのでそう思わない、日本人の瞼はそういうものと認識されていると思います。)   下に術前の写真がありますが、ご覧の通り、日本に多いタイプ …

24時間受付中
診察、手術、お支払いなどの質問もOK

メール相談
東京都中央区銀座2-11-8 ラウンドクロス銀座 3F
駅からのアクセス
  • 銀座駅 A13番出口 松屋デパート(日比谷線、銀座線、丸の内線)より徒歩3分
  • 東銀座駅 A8番出口 ファミリーマート前  (浅草線)より徒歩1分
  • 銀座一丁目駅 9番出口 メルサ銀座  (有楽町線)より徒歩2分
  • 銀座一丁目駅 10番・11番 出口 (有楽町線) より徒歩2分
    >>クリニックまでの行き方はこちら

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ戻る